これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年7月27日

さながら“学校”のよう 神戸最大規模の横尾老人クラブ

健康寿命を延ばし、眠るように最期を迎える「ピンピンころり」を目指し、活動を続ける「横尾老人クラブ」(神戸市須磨区横尾)。会員数は約260人と、市の老人クラブ登録団体(34団体)中、最大を誇る。横尾地域福祉センターを拠点に …

健康寿命延ばそう JAグループが実践講習会

JAで高齢者福祉活動に取り組む会員の交流集会が22日、佐賀市で開かれた。JA助け合い組織のボランティアの会員ら約50人が参加し、健康寿命を延ばすための実践方法などを学んだ。・・・ 情報源: 健康寿命延ばそう JAグループ …

遊びの講座 アイデアと工夫生かす

みやき町社会福祉協議会の主催で、キャンプや野外活動、災害時などにアイデアと工夫が生かせる「遊びの講座」が町ボランティアセンターで開かれました。 講師は、子どもから高齢者まで「遊び」を通して人間関係の作り方や必要性の普及・ …

笑いヨガでストレス解消 シニア男性対象の体験会

インド発祥の健康法「笑いヨガ」の体験会が、兵庫県小野市うるおい交流館エクラ(同市中島町)でシニア男性を対象に開かれた。同市内を中心とする50~80代の23人が大きな笑い声を上げ、心身の活性化を図った。・・・ 情報源: 神 …

困りごとをワンコインでお手伝い 西宮で「よろず屋」事業

草抜きやごみ捨て、電球交換など日常生活の簡単な作業や困りごとをワンコインでお手伝いする取り組みが、兵庫県西宮市の鳴尾東・高須地域で始まった。その名も「まちのよろず屋」事業。地元住民たちが担い手となり、100円からサービス …

坂が多い神戸のニュータウン 自動運転の街に

神戸市のバス会社や日本総合研究所が中心となり、自動運転車の移動支援事業を2020年度にも始める。街開きから40年以上が経過した神戸市郊外のニュータウンが対象で、3年前から進める実証実験を生かす。住宅地内の店舗やバス停近く …

「ふくしま健康長寿フェス」9月開催 会津若松で健康づくりを:健康長寿・福島の挑戦

県は9月28、29の両日、会津若松市で「ふくしま健康長寿フェスティバル」を開催する。昨年度は別々に開催していた「健康」と「介護予防」の各イベントを一体化し、健康づくりの機運を盛り上げる。 25日に福島市で開かれた県高齢者 …

「高齢者活躍宣言事業所」浜松市が認定制度

浜松市は、七十歳になっても活躍できる都市を目指し、高齢者の雇用に積極的な事業所を認定する制度を始める。応募期間は八月一~三十日。市は審査を行い、早ければ九月中旬から順次認定し、市ホームページと市公式就職情報サイト「JOB …

『老いのゆくえ』 黒井千次〈著〉

本書は、二〇〇五年から新聞に連載されたエッセイを集めた『老いのかたち』、『老いの味わい』の続編である。ここで著者は、「可能なかぎり率直に、老いていく自分を描き、その感覚や感情を記していくことを目指した」という。ただ、最初 …

「2000万円」あなたは備えていますか? 読者に聞く

老後資金づくりに計画的に取り組んでいる人は54%――。「老後のお金」の最終回では、老後資金についての考え方や資金づくりの具体策について日経生活モニターに聞いた。公的年金だけで十分に暮らせると考える人は4%にとどまり、現役 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.