これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年10月2日

高齢者の自然な笑顔50点並ぶ 丹波で写真展

兵庫県丹波市在住の70歳以上の人を被写体にした写真展「健康長寿丹波~笑顔の歴史~」が、コモーレ丹波の森(同市柏原町母坪)で開かれている。岡林写真館(同市柏原町柏原)のカメラマンがモデルの自宅や職場に赴き、自然な笑顔を収め …

家から500円タクシー 南陽で「おきタク」開始

山形県南陽市の沖郷地区で1日、新しい地域公共交通「おきタク」が始まった。片道500円で自宅から市内の医療機関やスーパーなどまでタクシーを利用できる。運転免許証を返納するなどした高齢者の移動手段の確保に加え、積極的な外出を …

日本IBM、「第二の人生」適職を診断 AIシステム開発

日本IBMは人工知能(AI)「ワトソン」を使ってシニア世代の適職を診断するシステムを開発した。音声による質問に口頭で回答すると、AIが適性の高い職業を選んで画面に表示する。シニア活用を推進するイベントなどに展示して、社会 …

国境超えスクラム シニアラグビー愛好家 銭湯や居酒屋にもトライ

ラグビー・ワールドカップ(W杯)の期間中、シニアラグビー愛好家の国境を超えた草の根交流が盛んに行われている。東京では、スペイン・バスク地方のクラブチームが銭湯や居酒屋を体験した。「一度ぶつかり合えば、誰とでも心が一つにな …

SAM、シニア向けダンスを考案

TRFのSAMが、ムック「DVDつき 一生元気に動ける体を!ダレデモダンス」の発売記念イベントを行った。同ムックは、シニア世代の健康増進を目的としたダンスプログラムを収めた一冊。SAMは「人生100年時代といわれている。 …

みちのくプロレス新崎人生がシニア向け体操教室開講

みちのくプロレスの新崎人生(52)が1日、仙台市青葉区一番町に「じんせい体操教室」をオープンした。新崎は2年前に高齢者体力つくり支援士の資格を所得し、現在はシニア向け健康エクササイズの講師を務めている。・・・ 情報源: …

100歳以上が初の4千人超 兵庫県内19年度見通し

兵庫県内で、2019年度中に100歳以上となる高齢者が初めて4千人を超える見通しとなったことが、県の調べ(9月1日時点)で分かった。18年度比326人(8・9%)増で、2年ぶりに増加した。県は「人生100年時代」の本格到 …

「棚田百選」の湧水町幸田でウォーキング大会

湧水町幸田で29日、「日本棚田百選」に認定されている幸田の棚田などを巡るウォーキング大会があり、町内外から訪れた幼児から80歳代の高齢者までの約170人が豊かな田園風景を楽しみながら、マイペースで爽やかな汗を流した。・・ …

人材不足には高齢者の活用が欠かせない!正しい高年齢者の雇用方法とは

2019年8月、公的年金の健康診断ともいえる財政検証が発表された。これを見て、「人生100年時代は安心ではないからこそ、ライフプランを立てる必要がある」と心新たにした方も多いはずだ。今後は、できるだけ長く、最低でも65歳 …

多すぎる薬 高齢者の服薬は連携管理で

転倒や物忘れなど高齢期に多い症状が、多数の薬の併用で引き起こされているケースがある。加齢とともに複数の病院にかかり、それぞれ処方されると、服薬の全体状況がつかめない。病院、薬局、患者の連携が必要だ。・・・ 情報源: 多す …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.