これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年11月7日

おとなのプログラミングカフェ開催(11/7)のご案内

11月7日(木) 開催 おとなのプログラミングカフェ (9:30~15:30)
   異文化交流 (13:30~14:00、事前予約必要)

グルメだけじゃない、「函館朝市」に高齢者続々

生鮮小売店や飲食店が軒を連ねる函館朝市(北海道函館市)を束ねる函館朝市協同組合連合会が始めた新サービスが注目を集めている。対象は高齢者や外国人。観光名所と市民の台所を兼ねる特徴をフル活用し、・・・ 情報源: グルメだけじ …

積極的に外出しよう

膝痛を抱える人は痛みから体を安静にしたり、外出を控えたりしがち。しかし、江東病院の黒沢さんは「体を動かさずにいると、やがて体の機能が衰えて自立度が低下し、最悪、要介護状態になる恐れもある。家の外に積極的に出なくなると、他 …

「コト消費」で活性化 シニア世代体験サービス提供 トリプラスと嬉野市が連携協定

嬉野市は6日、訪日外国人客に体験プランを紹介するマッチングサイトの運営会社「TRIPLUS」(トリプラス、神奈川県)と連携協定を締結した。シニア世代らが、食事作りや農業体験など有料の体験サービスを提供し、より身近な日常生 …

つらい膝痛は動いて解消 体操や水中エクササイズ有効

多くの高齢者を悩ませる疾患が膝の痛みだ。日本では約2800万人が何らかの膝痛を抱えるとされる。痛いからといって体を動かさないのは逆効果。むしろ適度な運動をすることで膝回りの筋肉を鍛えれば、膝への負担を減らして痛みを和らげ …

働く高齢者の安全確保、厚労省が対策 費用助成や実証事業

厚生労働省は働く高齢者が安全に働ける環境整備に乗り出す。中小企業を対象に手すりや補助器具などの導入費用を助成するほか、効果的な事例を広めるための実証事業も始める。企業が配慮すべき措置なども2019年度中にまとめ、指針とし …

熱中症調査 高齢者、暑くても我慢 44%が冷房控え 経済的理由も多く

京都民主医療機関連合会(民医連)はこのほど、高齢者の熱中症に関する生活実態調査の結果を公表した。暑さを我慢する傾向が改めて浮き彫りになり、認知症などのため暑く感じても対応できない高齢者が少なくない・・・ 情報源: 熱中症 …

高齢者の退院、まさかの機能低下や後遺症…。だから、入院したら直ちに読もう!『月刊あいらいふ別冊・退院ハンドブック[2019年11月]』11/7(木)発刊

株式会社ザップ(本社:東京都品川区 代表者:土井 基史)は、『月刊あいらいふ別冊・退院ハンドブック[2019年11月]』(以降、『退院ハンドブック』)を、11月7日(木)発刊いたします。・・・ 情報源: 高齢者の退院、ま …

シニア人材の再訓練で社会・企業の問題解決

国連によると、2050年までに全世界で6人に1人が65歳以上になるといい、19年現在の同11人に1人から一気に高齢化が進むことになる。寿命が長くなるにつれて、人々が働く期間も長くなっていく。1つには、各国政府は寿命が延び …

シニア世代を豊かに 都が就業促進進める

「シニア世代のセカンドキャリアを豊かに」――。そんなかけ声のもと、東京都が高齢者の再就職を応援する取り組みを進めている。労働力不足が深刻化する中、シニア世代に社会参画を促す狙いがある。都内で先月開かれたイベントには大勢の …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.