医療、介護関係者、住民が連携し、高齢者が住み慣れた地域で暮らす「地域包括ケアシステム」を推進する群馬県伊勢崎市あずま地区協議体(小暮利明代表)は、住民同士の見守りについてまとめた手引き「おせっかいなまち あずま」を作成した。無理のない範囲の見守りを体系化し、住民同士の協力を促す狙い。・・・

情報源: 「おせっかい」で見守り 伊勢崎・あずま 高齢者支援を手引きに|社会・話題|上毛新聞ニュース