全国の消費生活センター等に寄せられる相談のうち、契約当事者が60歳以上である相談は増加傾向にある。2018年度は約43万件と過去10年で最高を更新し、相談全体に占める60歳以上の相談の割合も約49%と約5割に上る勢いで増加中だ。中でも、スマートフォンやタブレットの普及により、これまでスマートフォンやインターネットなどを使ってこなかったシニア層に被害が広がって・・・

情報源: シニアの消費者トラブル40万件突破、アダルトサイト詐欺被害も(高橋暁子) – 個人 – Yahoo!ニュース