厚生労働省がまとめた2019年6月1日時点での高年齢者の雇用状況で、継続雇用制度の導入など65歳まで働ける対策を講じている企業の割合が、四国4県のうち徳島、香川、高知の3県で100%になった。66歳以上が働ける制度のある企業の割合は前年の同時期と比べて4県いずれも増加した。高齢者の雇用に取り組む企業は着実に増えてきている。・・・

情報源: 徳島・香川・高知で 65歳まで雇用「100%」に  :日本経済新聞