「人生100年時代」に向け、警備業界への注目度が高まっている。警備員として働いている約55万人のうち、すでに4割超が60歳以上だ。このままシニア雇用の大きな受け皿として育っていくのか。セコムの尾関一郎社長に聞いた。・・・

情報源: 警備業界、シニア雇用の受け皿に? セコム社長の考えは:朝日新聞デジタル