社会福祉法人の職員として、介護予防の啓発活動などに取り組んできました。昨年7月の西日本豪雨の後に坂町から委託を受け、同年10月に地域支え合いセンター長に就任しました。 坂町は土砂崩れの被害が大きく、センターの見守り対象は、最大で約1600世帯に上りました。ピーク時には建設型仮設住宅に80世帯以上の被災者が入居していました。・・・

情報源: 仮設の高齢者に体力作りを 引きこもり防ぐ「百歳体操」:朝日新聞デジタル