繊細なフルートを奏でるのは年季が入り、節くれ立った指―。大分(O)のダンディー(D)な笛吹き(F)でつくる「ODF68」が7日、初舞台に臨む。平均年齢68歳の男たちは、フルートの普及や愛好家の育成を目的に活動する「大分笛の会」(藤野翔三代表、60人)の7人。同会の定期演奏会での顔見せを前に「人生100年時代の希望の星になろう」と・・・

情報源: 平均年齢68歳「ODF68」いぶし銀の音に挑戦 7日に大分市で初舞台 – 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate