大分県内の高齢者雇用の場が着実に広がっている。大分労働局が県内の1506社(従業員31人以上)を対象にした調査結果(6月1日現在)で、70歳以上が働ける制度がある企業の割合は前年比4・0ポイント増の37・5%と、昨年に続いて全国2位を維持した。高齢化や人手不足で高年齢者を戦力として求める企業が増える一方、労働者側も「元気な間は仕事をしたい」「経済的に働かざるを得ない」といった事情を抱える。・・・

情報源: 広がる高齢者雇用の場 大分県内37・5%全国2位 – 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate