重い心不全や腎臓病など命に関わる病気の治療を目指してきた再生医療で、高齢者が抱える持病の治療にも役立てるための研究が進んでいる。口の渇きなど高齢者に多い持病を改善して健康寿命を延ばせば、少子化で不足する労働力を補ったり、退職後の生活の質(QOL)を引き上げたりできる・・・

情報源: 高齢者に再生医療、進む研究 普及には課題も  :日本経済新聞