高齢者の資産運用を巡っては、過大な手数料を払っているなど深刻な4つの問題を抱えている。この状況を変えるには、高齢者本人やそのサポート役に適切な金融のアドバイスをできる人材が必要だが、ファーストキャリアを退職したが、まだまだ働く元気がある「前期シニア人材」に任せてみる・・・

情報源: 高齢者の資産運用、アドバイザーには同じシニアが向いている理由 | 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモンド・オンライン