年額の負担金だけでバスや電車を利用できる、横浜市の「敬老特別乗車証(敬老パス)制度」の見直しを検討してきた専門分科会は18日、答申案をまとめた。現行制度を維持する一方、利用者に「相応の負担」を求め、利用実態を正確に把握するためにICカード化も検討すべきとした。・・・

情報源: 敬老パス利用者「相応の負担」を 横浜市の分科会が答申案 | 政治行政 | カナロコ by 神奈川新聞