2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、47都道府県の858市区町村を巡る五輪聖火リレーの詳細ルートを発表した。来年4月2、3日に実施する県内14市町村のうち、調整中の佐久市を除く詳細ルートも正式発表。同時に、県実行委員会は県内の聖火リレー走者の1次内定分を公表した。幅広い分野で活動する10代から90代の県内在住者22人が選ばれた。・・・

情報源: 東京五輪聖火リレー 12歳~96歳、信州駆ける 県内1次内定22人 | 信濃毎日新聞[信毎web]