虫歯や歯周病などによって歯を失ってしまったときの選択肢には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがある。ブリッジは比較的手軽にできるが、両隣の歯を削る必要がある。インプラントはあごの骨に固定するため安定感があるが、その後のケアが必要。さらにこの他に、親知らずなど、自分の歯を必要な所に移植する「自家移植」という方法も。それぞれのメリット・デメリットなど、自分にとってのベストチョイスをするための情報を提供。

12月21日(土) 20:00~20:45 (45分) NHKEテレ
番組情報:チョイス@病気になったとき・選「歯科最新情報(1)歯を失ったとき」