これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年12月24日

おとなのプログラミングカフェ開催(12/24)のご案内

12月24日(火) 開催 おとなのプログラミングカフェ (9:30~15:30)
   ミニセミナー「エンディングノートって必要?」(13:30~14:00) 
    講師:上田 博司(アクティブエイジング協会副代表理事)

キャッシュレス決済 2020年は賢く使いお得に貯金

「2020年のお金の問題で考えておきたいこと」が今月のマネーハックのテーマです。「物価と給料」「働き方・稼ぎ方」「株価」という変化のありそうな内容について紹介してきました。最後は「キャッシュレス」を取り上げてみたいと思い …

徳島発の移動スーパー「とくし丸」、全都道府県へ

移動スーパー「とくし丸」が全国で急速に台数を伸ばしている。2020年3月には500台に達し、47都道府県で「とくし丸」が走る見通しだ。地方都市の高齢化に伴い、「買い物難民」とされる人への需要は今後も拡大するとみられる。運 …

孤立から犯罪… 高齢者を救う 都が電話「よろず相談」

孤立から万引などの犯罪に走りがちな高齢者を救うために都が設置した電話相談ダイヤル「高齢者よろず相談」。匿名で相談でき、対応する社会福祉士が支援団体や医療機関へ橋渡しする全国でも珍しい取り組みだ。予算の都合から今月27日で …

紙ストローの導入賛成7割、シニア層から支持 民間調査

マーケティング支援のネオマーケティング(東京・渋谷)の調査によると、紙ストローの導入に賛成の消費者は7割にのぼった。年代別にみると、70代以上は約9割となる一方、20代は約5割にとどまり、年齢が高いほど支持していることが …

ワンコインで昼食を 高齢者が見守る地域食堂

高齢者も一人で気軽に訪れて、手作りの温かい食事をとりながら、おしゃべりを楽しむ-。そんなコミュニティー食堂で調理と接客を担うのは、地元の高齢者ら。同じ地元の高齢者をさりげなく見守る“仕事”が生きがい・・・

ゴルフで認知症予防 シニアスクール、いわきのコースでプレー

ゴルフで認知症を予防する「シニアゴルフスクール」の最終レッスンは19日、いわき市勿来町の五浦庭園カントリークラブ(CC)で開かれ、いわき市を中心とする50~80歳代の14人がコースでプレーを体験・・・

イデコも75歳から受給可能 厚労省改革案 開始年齢先延ばし、節税効果大きく

厚生労働省が検討してきた私的年金制度の改革案が23日、わかった。確定拠出年金の受給開始年齢は個人型(イデコ)、企業型ともに60~70歳の間で選べるが、これを60~75歳に広げる。イデコはすべての会社員が入れるようにするほ …

働く高齢者の年金って?  月収との合計、47万円超なら減額

働く高齢者がもらう年金の仕組みを見直すかどうかの議論が注目されたわね。そもそも今の仕組みはどうなっているの。将来の年金にはどのような影響があるのかな。働く高齢者の年金の仕組みについて入江幸子さんと川口卯桐(うぎり)さんが …

高齢者の移動手段として期待 自動運転車体験会 秋田・大館

自動運転車両の乗車体験会が22日、秋田県大館市の観光交流施設「秋田犬の里」の駐車場で開かれ、参加した市民ら約70人が先端技術に触れた。・・・

介護予防に熱心な自治体の高齢者は元気!?

介護予防事業の実施回数が多い自治体に住む高齢者は、要介護予備群の「フレイル」と呼ばれる状態になるリスクが低いことが明らかになった。東京大学大学院医学系研究科客員研究員の佐藤豪竜氏らの研究によるもので、詳細は「Social …

高齢者学級で相手国を学ぶ=セルビア非常勤職員が出前講座

埼玉県富士見市で19日、ホストタウン相手国のセルビア出身で市教育委員会生涯学習課で非常勤職員として働いているアナ・ロゴさん(25)が、高齢者向けの教養講座(高齢者学級)で同国について出前講座を行った。約120人の高齢者が …

九州の博物館、シニアの健康守れ 学芸員や医師ら連携

高齢者の認知症の予防や健康増進の場として、博物館や動物園を活用する取り組みが九州で広がり始めた。資料館の展示を回想法に利用したり、動物との触れ合いを通じてストレスや疲労を緩和したりする試みだ。少子高齢化が進む中、博物館の …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.