運用次第で将来の受取額が変わる企業型確定拠出年金(DC)。加入者は会社員の5人に1人に達し、加入上限年齢を70歳に延ばす法改正も予定される。しかし選べる商品は企業ごとに格差が激しく、老後資金に大きな影響を及ぼしかねない。・・・

情報源: (真相深層)企業型確定拠出年金、老後資金に大きな差 高コスト投信なお 商品見直し進まず :日本経済新聞