アジアを中心に海外での日本語学習熱は高まる。国際交流基金が実施する日本語能力検定受験者は2018年に100万9千人と初めて100万人の大台を突破した。一方、教える側は足りない。文化庁の日本語教育実態調査によると、学習者は18年度に26万人と5年間で65%増えたが、教師数は約4万2千人(33%増)、教育施設の数は約2300カ所(17%増)と伸び率は低い。・・・

情報源: 講師不足ネック、シニアの活用カギ  :日本経済新聞