2018年秋以降、金融審議会市場ワーキング・グループで「高齢社会における金融サービス」が議論されてきました。その中の重要なテーマの一つが資産の取り崩しでした。「収益率配列のリスク」や「定率引き出しの効用」といった退職後の資産運用、資産取崩しに関する新しい考え方がきちんと認識され、議論された最初の場だったと思います。・・・

情報源: 金融リテラシーが最も高いのは50代! 退職前に十分な金融教育を | LIMO | くらしとお金の経済メディア