日本では超高齢社会の到来が叫ばれて久しく、今後、さらに高齢者人口が増大していく見通しとなっています。高齢者が健康的で自立した生活を送れることは、高齢者自身の問題にとどまらない社会的な課題と位置付けられ、高齢者の健康を「食」の視点から支える動きが民間企業のマーケティング活動においても重視されています。・・・

情報源: 高齢者のうち約3割は「栄養が充足しない食生活」を送っている 健康を気遣うものの食事は栄養が不足しがちな「健康・食リテラシーが低い高齢者」の特徴とは「高齢者の食卓写真調査2019年」を発表|株式会社日本能率協会総合研究所のプレスリリース