これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2020年2月5日

東京オリンピンク2020開催に向けて今、キャンピングカーが熱い!

東京オリンピック2020の開催期間中のホテル、民泊の宿泊費用が通常の数倍まで値上がりしている現在、快適な車中泊ライフを求め、今キャンピングカーに注目が集まっています。弊社のキャンピングカーキット「ネクストキャンパー」も現 …

お年寄りを栄養パトロール 大府市の栄養士ら

大府市保健センターの栄養士たちが、医療機関にかかっていないお年寄りを訪問して健康状態をチェックする「栄養パトロール」を実施している。法改正により、四月から市町村が「保健事業と介護予防の一体的な実施の推進」を求められるよう …

高齢者にも聞き取りやすい話し方…40代記者が学ぶ

年をとると聞こえ方が悪くなる「加齢性難聴」は、症状が徐々に進むため、気づかぬうちにコミュニケーションに支障をきたすこともあります。周囲で手助けできることは何か。野村昌玄記者(46)が、京都光華女子大客員教授でオトデザイナ …

(老いとともに)たばこ 禁煙、何歳でも遅すぎません

何歳になっても、禁煙を始めるのに遅すぎることはない。4月には受動喫煙を防ぐ法律が全面施行される。吸い続けてきた人には禁煙のチャンスだ。「今さらたばこをやめても、もう遅い」と思う人にとって、禁煙にはどんなメリットがあるのだ …

70歳現役社会へ一歩 シニア雇用、法改正案を閣議決定

少子高齢化が進むなか、「70歳現役社会」を見据えた法整備が進み始めた。政府は4日、70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする高年齢者雇用安定法などの改正案を閣議決定した。意欲のある人が長く働ける環境を整える狙いだが …

働くシニアの年金減額、22年4月から縮小 就労後押し

高齢者が働くことを後押しする環境づくりが進む。厚生労働省は60~64歳で満額の年金を受け取る人を増やす制度改正を2022年4月に実施する方針だ。4日には70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする法改正案も閣議決定さ …

レクリエーションを通じて利用者の立ち上がり動作を向上させる!『レクリエ 2020年3・4月』

2月1日(土)発売の『レクリエ 2020年3・4月』では、「立ち上がりのためのレクリエーション」を紹介。また、介護現場で起こりうる個人情報漏えいトラブルについて特集しました。・・・

訪問美容、広がる笑顔 高齢者利用、5年で倍増 専門家「認知症症状の改善期待」

介護施設などで、高齢者にヘアカットやネイルケアを施すサービスが広がっている。民間調査機関の調べでは、「訪問美容」の利用がこの5年で倍増した。「いくつになってもおしゃれを楽しみたい」という希望をかなえるだけでなく、認知症に …

高齢者の財産が2000万円から5800万円に増えた理由とは?

少し前に「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたいと思っている人は多い。しかし一方で、「投資はわからない」「むずかしそう」「だまされたくない」と思って、投資への一歩を踏み出せない人 …

”希望者は70歳まで” 就業促進法案を閣議決定

希望する人が70歳まで働き続けることができるよう、定年の延長など就業機会の確保を企業の努力義務とすることを柱とした雇用改革の関連法案が、4日の閣議で決定されました。・・・ 情報源: ”希望者は70歳まで” 就業促進法案を …

きょうの健康 肩の“こり・痛み”徹底解決「腕が上がらない!腱板断裂」

肩の骨と筋肉をつなぐ腱板(けんばん)が切れてしまう腱板断裂。多くは加齢が原因で通常の生活をしていても起こる。意外にも自覚症状がないケースが多い。しかし肩が痛む・動かしづらいなどの場合は受診を。症状は五十肩と似ているが、腱 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.