家計の管理や資産形成を考えるとき、「資産三分法」や「財産三分法」という言葉を聞くことがあります。いずれもリスクを分散する目的から、自分のお金を一つの資産に集中しないで異なる複数の資産で持つべきであるとの考え方です。一般的には「現金(預金)」「不動産」「株式」という分け方が多いようですが、運用の世界では「株式」「債券」「不動産」としたり、あるいは不動産の代わりに実物資産として「金」を入れたりすることもあります。・・・

情報源: さらば丼勘定 定年後のお金はシニア流三分法で管理|マネー研究所|NIKKEI STYLE