国内の認知症の患者数は2025年に730万人まで増加し、高齢者の5人に1人となる見通しだ。認知症の早期発見には家族の気づきが最も重要だ。同じことを繰り返し言う、食事したことを忘れる、作業をやりかけのまま忘れる、部屋を散らかす、以前より身だしなみに構わなくなった――。こういったケースは要注意だ。・・・

情報源: 25年、高齢者の5人に1人 初期症状に注意を :日本経済新聞