不況と東日本大震災を乗り越え、趣味を生かして自宅倉庫でそば屋を始めた元大工の及川福壽さん(65歳)と、それを支える妻の三恵子さん(64歳)の物語。大工もそば打ちも同じ職人の“ものづくり”で、ものづくりは“段取り八分”と語る福壽さんが打つのは、そば粉10に対してつなぎが2の割合の“外二そば”。そばとつゆのバランスがいいと評判で、人気は鴨南蛮と冬季限定の牡蠣南蛮!さらに蕎麦シフォンケーキや蕎麦ぜんざいも…

2月15日(土) 18:00~18:30 (30分) テレビ朝日系
番組情報:人生の楽園「元大工のまじめ蕎麦~岩手・一関市」