元警視庁警察官の鈴木雄三さん(86)は1964年、東京五輪で会場警備に当たり、自身の戦争経験から「国力ではなく、選手の技能で競う平和の祭典」に魅せられた。今年夏の東京五輪・パラリンピックにボランティアとして参加する。「平和の礎となるよう陰で支えたい」。再び五輪に携わる喜びに胸を高鳴らせている。・・・

情報源: 86歳元警官、再び大会支援 戦争経験「平和の礎に」 輝け TOKYO