「人生100年時代」が現実となりつつある今。従来であれば、進学→就職→定年退職→老後といったライフスタイルがスタンダードだったが、今では多様な生き方、社会との関わり方が求められている。セカンドステージでも、自分らしく、生き生きと過ごし続けるための秘訣とは? シニア活躍をさまざまな視点からサポートする、3人のプロに聞いた。・・・

情報源: シニアは、もっとワガママになっていい。「働きたい」をどう社会が支える?リクルートの挑戦とは | ハフポスト