「73歳定年制」をめぐり、自民党の国会議員の中でベテランと若手のバトルがまたもや勃発している。 2017年の秋に行われた解散総選挙のときは、当時の安倍内閣の合言葉だった「一億総活躍」に乗じて、「老人差別を撤廃せよ! 一億総活躍社会を掲げているのに矛盾しているではないか!」とベテラン議員たちが吠(ほ)えた。・・・

情報源: 「高齢者の高き志」と権力に腐る組織の微妙な関係:日経ビジネス電子版