電話やメールでの交流だけでも高齢者の健康リスク軽減に効果があるかも――。日本福祉大健康社会研究センターなどの調査で、週1回以上、電話やメールで友人らと交流した高齢者は、連絡を取らなかった人と比べ、抑うつ傾向を示す割合が大幅に低くなることが明らかになった。・・・

情報源: 週1電話・メールで抑うつ軽減 高齢者の健康維持に 日本福祉大など調査 – 毎日新聞