50~60代は資産運用への関心が急速に高まる年代だ。子供の教育費や住宅ローンの支払いを終え、やっと老後の備えに着手する人や受け取った退職金を少しでも増やしたいという人は多い。ただシニアの運用にはいくつかの制約があり、慎重さが求められる。・・・

情報源: シニアの運用 高望み禁物 株式比率抑え資産分散 :日本経済新聞