55歳というのは微妙な年齢だ。企業の役員の席が狙えそうな人は別だが、大半の人は定年が視野に入る。とはいえ、その後をどう生きていくか決めている人は少ないのでは?・・・

情報源: 「老いを認めない」は要注意 精神科医が説く「55歳からの過ごし方」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)