「50代は第二の人生を始める前の助走であり大切な準備期間」 そう話すのは、漫画家の弘兼憲史さん(72)。会社員の主人公が出世していく代表作の『課長 島耕作』(講談社)シリーズや、中高年の恋愛を描いた『黄昏流星群』(小学館)が有名だが、『弘兼流60歳からの手ぶら人生』(海竜社)など、中高年の生き方に関する著書も多い。これまでに培ってきた広範囲な人脈・・・

情報源: 卒婚や新しい恋愛もあり! 弘兼憲史が薦める中高年の生き方 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)