◆自分のいる時空間が把握できると落ち着く 認知症に多い症状の1つに見当識障害がある。いまがいつで自分がどこにいるかなどの見当がつかなくなり、非常に不安なのだという。認知症の人の落ち着きなく不可解な行動は、この不安感からくる場合が多いという。

情報源: 外出は認知症にとって重要な刺激 記憶を引き出すことも|NEWSポストセブン