新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、外出の手控えで心身の機能が低下した高齢者を早期に見つけ、改善を促すフレイル評価システムの導入が、鳥取県内の自治体で相次いでいる。フレイルは身体や頭の動きが低下し、要支援・介護になる一歩手前の段階を表す。80歳以上では要介護の引き金になりやすいという。・・・

情報源: 山陰中央新報社|フレイル評価システム期待 県内自治体で導入相次ぐ