1人暮らしの高齢者らに手作り弁当を届けている紫塚地区社会福祉協議会給食部会は、大田原中の生徒からの手紙を添えた弁当の配達を始めた。毎年夏休みに同部会員と同校生徒が一緒に調理、配達してきたが、新型コロナウイルスの影響で今年は中止した。手紙には、会えないことを残念がる思いや健康を気遣う言葉がつづられており、お年寄りからは早速、お礼の手紙が届いている。・・・

情報源: 思いやり添えた弁当 高齢者へ 中学生ボランティア中止で手紙 大田原・紫塚地区社協|下野新聞 SOON(スーン)