電動バイク以外にも多種多様な移動手段の開発が進み、特に注目を集めているのは時速数~20キロメートル前後と比較的速度が低く、一人乗りと小型の電動モビリティーだ。近距離の移動に向いており、新型コロナウイルスの感染リスクがある「密」や接触が避けられることも、普及を後押しする。海外が先行する例が多いが、日本もいよいよ街の中で実用化に入ろうとしている。・・・

情報源: 新型コロナ:自動運転車いすや電動ボード、街中に 非接触需要追い風: 日本経済新聞