早朝、自転車で散歩に出る。朝の空気はさわやかで、穂の出始めた稲の何ともいえない香りにつつまれる。深く吸い込んで気分だけは爽快と、実際はもたもた走る。 この年で再び自転車に乗ることになった。20代から自転車ではなく50ccのバイクを愛用していたが、このたび免許を返す決心をしたからだ。・・・

情報源: (ひととき)81歳、再び自転車で:朝日新聞デジタル