2025年には団塊の世代が後期高齢者となることで、介護事業者に求められるサービスのニーズが様変わりすると言われている。これからの時代、高齢者住宅には多様な役割が求められるであろう。事業者が直面している課題の背景を紐解き、解決策を模索すべく、元高齢者住宅財団理事長、東京通信大学教授で国のサ高住の在り方に関する懇談会座長の髙橋紘士氏に話を聞いた。・・・

情報源: 高齢者住宅、外付けサービスが主役に 髙橋紘士氏に聞く | 高齢者住宅新聞オンライン