これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2020年8月27日

最高齢の95歳、プレー若々しく さわやかグラウンドゴルフ最上地区初Vの田口さん

140人近くが出場した第6回さわやかグラウンドゴルフ大会(山形新聞、山形放送、山形新聞親交会主催)最上地区大会で見事優勝した田口勝也さん=戸沢村古口=は95歳。全地区大会の出場者の中でも最高齢で、若々しいプレーと容姿は周 …

シニア世代におけるコロナ禍の外出・社会参加影響調査

近距離用のモビリティとサービスを提供するWHILL株式会社(代表取締役兼CEO: 杉江理、本社:東京都品川区、以下WHILL社)は、2020年8月3日(月)~8月6日(木)に、モビリティ利用における生活者の意識を把握する …

世代超えた交流を コミュニティースペースオープン

大阪市城東区東中浜3丁目に9月1日、音楽スタジオ付きシェアハウス併設のコミュニティースペース「OTOGISOU(オトギソウ)」が全面オープンする。運営する梶谷泰男、浩美夫妻の「まちに開かれた建物を」という思いを、リノベー …

大相続時代が到来 家計はどう備える?

2025年には団塊の世代がすべて75歳以上になり、日本は超高齢化社会に突入します。すでに死亡数は毎年130万人を超え、高齢者が保有する不動産や金融資産を、どう後継世代に継承していくのかが家計にとって大きな課題になっていま …

エンディングノート作製 空き家解消狙い 高齢者に配布 基山町

もしもの時、残された家族や友人に思いを伝える「マイエンディングノート」を佐賀県基山町が作製し、町内の高齢者向けに無料配布している。自宅などの所有財産について改めて考えてもらい、空き家問題の解消につなげる狙いがある。・・・ …

高齢者の心をケア 傾聴ボランティア始動

みなべ町社会福祉協議会(和歌山県)は高齢者の生活支援の一環として、自宅に居ることが多く話す機会が少なく、話を聴いてもらいたいという高齢者を対象に、聴き役を務める「傾聴ボランティア」の事業を始めた。 全国的に高齢化が進み、 …

大相続時代が到来 家計はどう備える?

2025年には団塊の世代がすべて75歳以上になり、日本は超高齢化社会に突入します。すでに死亡数は毎年130万人を超え、高齢者が保有する不動産や金融資産を、どう後継世代に継承していくのかが家計にとって大きな課題になっていま …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.