これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2020年8月30日

聖火コース清掃しウオーキング 小矢部、来年の五輪盛り上げ

小矢部市内の2021年東京五輪聖火リレーコースをごみ拾いしながら歩くイベントが29日、同市のクロスランドおやべを出発点に行われ、約30人が2・5キロのコースでウオーキングを楽しんだ。・・・

腸腰筋鍛え、つまずき無縁 筋トレ研究の谷本先生が伝授

体を支えている筋肉ほど、加齢で落ちやすい。シニア期に筋肉トレーニングする意義はこの点にある。今回は、つまずきを防ぐ効果がある「ランジ」を紹介。・・・

JR西の豪華寝台「瑞風」、長すぎる運休のナゾ

この数年、鉄道各社が競うように投入した豪華列車。いずれも新型コロナウイルスの感染拡大を受けて運休を余儀なくされていた。そのなかで、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」、JR東日本の「トランスイート四季島」が8月 …

高齢者特化のロボタクシーVoyageが「紫外線除菌システム」を採用

高齢者コミュニティに特化したロボットタクシーサービスを展開中のスタートアップ「Voyage」が、パンデミック後の乗客の安全を守るため、紫外線除菌システムを備えた自動運転車両を開発した。・・・

新型コロナ:フレイル健診、15項目チェックで要介護「予備軍」発見

今年4月から75歳以上の高齢者を対象に、要介護になる手前の状態かどうかを判断する「フレイル健診」が始まった。15項目の質問票で要介護”予備軍”を見つけ、個別指導や医療機関の受診につなげる。長く健康 …

老後資金2000万円を持っている高齢世帯は、どれくらいいるの? 貯めている世帯から見える、貯蓄のコツ

2019年に金融庁の「老後2,000万円問題」が話題となりました。この報告書により、二人暮らしの夫婦世帯の生活費は公的年金だけでは大幅に不足することが指摘されています。では、高齢者世帯ではこの2,000万円の資産を所有で …

コロナ下で認知症悪化の懸念 家庭で工夫も

新型コロナウイルス感染症の流行拡大で不要不急の外出自粛が求められ、家に閉じこもる認知症の高齢者に影響が及んでいる。本来、認知症の進行予防にプラスとされる外出や人との交流が制限され、認知機能が悪化していると専門医の半数近く …

インフルワクチン 高齢者“優先的”接種へ

この冬のインフルエンザの流行に備えて、高齢者は10月上旬から優先的にワクチンを接種することなどが了承され、厚生労働省は早めの接種を呼びかけます。・・・

韓国新聞・社会/文化-「子供より高齢者の多い韓国」…子供は、2世帯のうち1世帯が「親と暮らしていない」

韓国では高齢化が深刻化する中、65歳以上の高齢者の人口が2年連続で14歳以下の子供の人口を上回っていることが明らかとなった。また 親といっしょに暮している子供の比率は、だんだん減っていて・・・

ガイロク(街録)「山あり谷ありの人生、波乱万丈の感動物語」

3つの人生物語▽戦後、父が商店街で始めた電気店を受け継ぐ女性。父から教わった「町の電気屋さん」としての自負を持ち地元の人々の暮らしに密着したサービスを続ける。そして今、跡継ぎの娘に伝えたいものとは▽介護福祉士として働く女 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.