この数年、鉄道各社が競うように投入した豪華列車。いずれも新型コロナウイルスの感染拡大を受けて運休を余儀なくされていた。そのなかで、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」、JR東日本の「トランスイート四季島」が8月15日から運転を再開。沿線や立ち寄り先で久々の歓迎を受けている。東急もこの夏、伊豆の観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」を北海道にデビューさせた。・・・

情報源: JR西の豪華寝台「瑞風」、長すぎる運休のナゾ | 特急・観光列車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準