これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2020年9月1日

JICAボランティアの2人 国際理解講座で異文化体験語る

国際協力機構(JICA)の海外ボランティアで2年間、タイに赴任した筒井康世(やすよ)さん(75)=兵庫県宝塚市=とパプアニューギニアで過ごした村原健三さん(70)=同市=が30日、同県赤穂市中広の市立図書館で講演した。N …

水田給水の操作円滑に 高齢生産者向け装置 KDDIと笑農和

KDDIと農業支援の笑農和(富山県滑川市)は9月、高齢者向け水田用自動給水装置を発売する。笑農和の装置とそれを制御するタブレットをセットで販売する。「ガラケー」と呼ぶ従来型の携帯電話を持つ高齢の生産者が多く、装置と接続し …

69歳、まだこれから

今年のお盆は例年になく仏壇周りが華やかだった。3月初旬、95歳で老衰のために亡くなった父の新盆だったからだ。 新型コロナウイルスの影響で故郷・熊本に帰省するのはためらわれた。私たち4人の子どもは各自で供養。思えば、球磨川 …

電球の点灯状況で高齢者見守り 宮城・大河原町が実証実験

宮城県大河原町は、独居高齢者の見守りシステムの実証実験を始めた。通信機能内蔵のLED(発光ダイオード)電球を活用し、高齢者世帯の室内の点灯状況を把握。その情報を基に、スマートフォンの専用アプリを通して安否などを確認する。 …

「福祉落語家」高座8千席 芸歴48年、高齢者らに笑い提供

「福祉落語家」を名乗り、高齢者らに笑いを届け続ける壽文寿(ことぶきもんじゅ)さん(59)=兵庫県尼崎市=が、高座8千席を達成した。小学5年生で初めて舞台に上がり、芸歴はすでに48年。「地域の人たちに、もっともっと笑いを提 …

身近にうつの高齢者がいたら―声かけ5つの基本

家族や親しい友人でうつ状態で苦しんでいる高齢の人がいたら、どう対応し、何と声をかければいいか。5つの基本を知ってほしい。・・・

終活支援冊子を作製、岐阜市が4000部を市民に無料配布

人生の穏やかな終わりを迎えたい-。自身の介護や相続、葬儀などの課題に健康なうちに向き合って準備を進める「終活」。終活に取り組みたくても、何から手を付ければよいのか分からずに悩む人たちを手助けしようと、岐阜市が支援に乗り出 …

予約型乗り合いタクシー 21年1月、加古川市で試験運行

兵庫県加古川市は31日、ネッツトヨタ神戸(同県尼崎市)と「デマンド(予約)型乗り合いタクシー」の社会実験に向けた協定を締結した。・・・

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.