医療機器販売の岡崎医療(山形市)は高齢者への見守りと家事代行を組み合わせたサービス「オーラでまもる~の」の提供を始めた。クラウド型システムで睡眠や健康の状況、部屋の環境を24時間見守り、家族の代わりに家事も担ってダブルで安否確認する。新型コロナウイルスの影響で親族の帰省がままならない中、利用料を山形―東京間の往復交通費並みにしており、同社は「遠方の家族に安心感を提供したい」とする。・・・

情報源: 見守り+家事代行、安心ダブル 高齢者安否確認、岡崎医療(山形)が新サービス|山形新聞