Uberは、日本専用のドライバー向けタブレットアプリを9月1日から提供開始した。これまでも「Uberドライバーアプリ」を提供しており、ドライバーはアプリを見ながら配車を確認できた。しかし、一部のドライバーから「アプリが使いにくい」とのフィードバックを受けていたほか、日本のタクシー運転手は60歳以上であることが多く、スマートフォンを使用したことがない人も少なくない。・・・

情報源: Uber、高齢タクシードライバーが多い日本専用のアプリを開発 – Impress Watch