飛沫(ひまつ)などを介して感染する新型コロナウイルスの影響を受け、口を大きく開ける歯科で「感染しやすそう」と受診控えが続いている。特に、高齢世代で治療をためらう患者が目立つが、入れ歯の不具合や歯周病を放置すると、全身の健康状態も悪化する恐れが大きい。そもそも歯科診療では感染対策を徹底してきており、専門家は「不調がある場合は迷わず受診してほしい」と呼び掛けている。・・・

情報源: コロナ感染恐れ訪問診療も延期続々 高齢世代「歯科受診控え」ご用心|【西日本新聞ニュース】