40~50代になると、多くの人が悩まされる手元の見えにくさ。そんな老眼症状が出たときに、老眼鏡や遠近両用メガネと並んで、選択肢の一つになるのが「遠近両用コンタクトレンズ」だ。ただ、20年も前に登場していながら、日本での浸透率は意外に低い。だが、ここ数年で新しい製品が登場し、状況が変わってきた。最近の製品事情や使用する際の心構えについて眼科医に聞いた。・・・

情報源: 初期老眼やスマホ老眼にも 遠近両用コンタクトが進化|ヘルスUP|NIKKEI STYLE