高齢者が介護を受ける一歩手前の状態とされる「フレイル」(虚弱)対策への関心が高まっている。筋肉の減少を防ぐため、たんぱく質の摂取を増やす取り組みが広がる。新型コロナウイルスの流行で高齢者は外出機会が減り、筋肉がさらに減りかねない。栄養補助食品などで食生活を手軽に改善し、健康寿命を延ばす動きが定着しそうだ。・・・

情報源: たんぱく質で高齢者丈夫に 栄養補助食品や乳飲料、筋肉量維持へ活用 :日本経済新聞