福井県内の高齢者のうち反射材を着用しているのは約3割にとどまっていることが、福井県警が行った意識調査で分かった。夜間の交通死亡事故の犠牲者の多くが反射材を着用していなかったことから、県警は9月21日から始まった秋の交通安全県民運動などで、意識向上に向けた広報活動を強化していく。・・・

情報源: 福井県内の高齢者、反射材着用3割 事故防止へ福井県警が広報強化 | 福井新聞ONLINE