高齢化が著しい日本で十分に医療を受けられないリスクが膨らむ。体力が衰えた高齢医師が老いた住民を診る「老老医療」が増えるからだ。日本経済新聞の分析によると、大都市圏では2026年までの10年間に後期高齢者1人あたり診療時間は2割減少。・・・

情報源: 〈長寿社会のリアル〉「老老医療」大都市圏に波及 高齢者診療時間、2割が過疎地並み 生産性向上カギ 本社26年推計 :日本経済新聞