今冬のインフルエンザワクチンの接種が10月1日から始まる。症状では見分けのつかない新型コロナウイルスとの同時流行を懸念して接種を希望する人が増えるとみられ、厚生労働省は、感染すれば重症化の恐れがある65歳以上の高齢者と60~64歳で心臓や呼吸器の機能に障害がある人が優先して接種を受けられるよう協力を呼び掛けている。・・・

情報源: インフルワクチン10月1日から まず高齢者、コロナ同時流行懸念|共同通信社