今年度から75歳以上の高齢者を対象に、要介護になりそうな状態なのかどうかを調べる「フレイル健診」が始まった。15項目の質問票により健康上の問題点を洗い出し、個別指導や医療機関の受診といった積極的な介入につなげる。健康長寿を目指しつつ、高齢化によって膨らみ続ける社会保障費の抑制効果も期待されている。・・・

情報源: (私見卓見)「フレイル健診」を生かすには 葛飾区医師会副会長 大山高令 :日本経済新聞